レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:17/07/20

みなさまは
年末年始をどのように過ごされましたか?

わたくしは生まれて始めて、
故郷以外で正月を迎えました。

妻とのんびり初詣をしたり、
友人たちとお酒を酌み交わしたり…と、
とっても穏やか〜な時間を過ごすことができました。

それでも、二つほど
心に残る出来事がありました。

一つ目は、妻との会話です。

妻がテレビで、
コマーシャルを見ているときでした。

そのコマーシャルは、
まるでサンダーバードの人形みたいなのがでてきて、
「ありがとう!」「ありがとう!」と
万歳をしながら叫ぶんですよ。

妻がこれを見ると、同じように両手を挙げて、
わたくしに向かって「ありがとう!」と叫ぶわけです。

まぁ、仕方なく
わたくしも両手を挙げながら「ありがとう!」と返すわけですが、
これを数回続けていたら、なんとなく気分が軽くなるんですよね。

妻も「何かもやもやした気分が吹っ飛ぶ感じだわ」といいながら、
ふと気がつけば「ありがとう!」「ありがとう!」と、
お互いで言い合っています。

ただのバカップルの会話ではありますが、
真剣に何度もやっていると、
心の中のもやっとしたものがどうでもよくなったりします。

お暇でしたら、
誰かノリのいい人と何十回とやってみてくださいね。

二つ目は、実家に挨拶に行ったときです。

実家に帰ったら、
いつものように父親がリビングで寝そべっていたのですが、
なんとひと月も前に骨折したというではありませんか!

わたくしは知らされなかったこともショックでしたが、
病院とは縁のなかった父親が骨折するとはさすがに思っていなくて、
やっぱり歳をとったんだなぁ…
と実感することになりました。